プラグインでの利用方法

共有セーブ

編集

目次

プラグインの利用方法

プラグインで共有セーブを利用するには以下のようにします。

  1. プラグインのダウンロード:AtsumaruSharedSave.js を右クリックで「名前をつけて保存」してダウンロード
  2. プロジェクトに追加:ダウンロードしたファイルをプロジェクトのプラグインフォルダに設置
  3. 有効化:プロジェクトのプラグイン設定でプラグインをONにする

機能の呼び出し

共有セーブの保存

プラグインコマンドで次のいずれかのように指定します(どちらでも動作は同じです)。

SetSharedSave

あるいは

共有セーブ保存

プラグイン設定画面の 共有セーブの保存範囲(開始)共有セーブの保存範囲(終了) に設定した範囲のツクール変数が、自分の共有セーブデータとして保存されます。

共有セーブの取得

プラグインコマンドで次のいずれかのように指定します(どちらでも動作は同じです)。

GetSharedSave <userIdVariableId> <startVariableId>

あるいは

共有セーブ取得 <userIdVariableId> <startVariableId>

<userIdVariableId> で指定した変数からユーザーIDを読み取り、そのユーザーの共有セーブを <startVariableId> を先頭にして代入します。

例:変数1番からユーザーIDを読み取り、そのユーザーの共有セーブを変数201番以降に展開(たとえば共有セーブの保存範囲が101-150で計50個の場合、201-250に代入)

共有セーブ取得 1 201

ただし、読み取る相手がプレイヤー間通信の有効化をしていないと、共有セーブを取得できないことにご注意ください。

関連ドキュメント

ドキュメントリンク備考
機能解説共有セーブ機能概要や全般的な解説
APIでの利用方法共有セーブ他ゲームエンジンやより高度な利用を必要とするユーザー向け

最終更新日

  • 2020/02/28