プラグインでの利用方法

グローバルサーバー変数

編集

目次

プラグインの利用方法

プラグインでグローバルサーバー変数を利用するには以下のようにします。

  1. プラグインのダウンロード:AtsumaruGlobalServerVariable.js を右クリックで「名前をつけて保存」してダウンロード
  2. プロジェクトに追加:ダウンロードしたファイルをプロジェクトのプラグインフォルダに設置
  3. 有効化:プロジェクトのプラグイン設定でプラグインをONにする
  4. 設定:プラグイン設定で、取得した情報を収納する変数のIDを指定する。

プラグインの設定

機能の呼び出し

グローバルサーバー変数の取得

プラグインコマンドで次のいずれかのように指定します(どちらでも動作は同じです)。

GetGlobalServerVariable <globalServerVariableId>

あるいは

グローバルサーバー変数取得 <globalServerVariableId>
  • <globalServerVariableId>には取得したいグローバルサーバー変数IDを指定します。
  • 実行に成功すると、プラグインの設定で指定した変数に「現在値」「最大値」「最小値」「変数名」の値が代入されます。
  • 実行に失敗すると、プラグインの設定で指定した変数に「エラーメッセージ」が代入されます。

例:グローバルサーバー変数ID 1234 の現在値を取得

グローバルサーバー変数取得 1234

グローバルサーバー変数取得

グローバルサーバー変数の取得(名前指定型)

プラグインコマンドで次のいずれかのように指定します(どちらでも動作は同じです)。

GetGlobalServerVariableByName <globalServerVariableName>

あるいは

名前でグローバルサーバー変数取得 <globalServerVariableName>
  • <globalServerVariableName>には取得したいグローバルサーバー変数IDを指定します。
  • 実行に成功すると、プラグインの設定で指定した変数に「現在値」「最大値」「最小値」「変数名」の値が代入されます。
  • 実行に失敗すると、プラグインの設定で指定した変数に「エラーメッセージ」が代入されます。

例:グローバルサーバー変数ID 文字列変数1 の現在値を取得

名前でグローバルサーバー変数取得 文字列変数1

グローバルサーバー変数取得

「固定値を増減」トリガーの実行

プラグインコマンドで次のいずれかのように指定します(どちらでも動作は同じです)。

TriggerCall <triggerId>

あるいは

トリガー発動 <triggerId>
  • <triggerId>には発動したいトリガーのIDを半角数字で指定してください。
  • 実行に成功すると、グローバルサーバー変数設定画面で指定された値だけグローバルサーバー変数の値が増加します。
  • 実行に失敗すると、プラグインの設定で指定した変数に「エラーメッセージ」が代入されます。

トリガー発動

「最大値・最小値の範囲で増減」トリガーの実行

プラグインコマンドで次のいずれかのように指定します(どちらでも動作は同じです)。

TriggerCall <triggerId> <deltaVariableId>

あるいは

トリガー発動 <triggerId> <deltaVariableId>
  • <triggerId>には発動したいトリガーのIDを半角数字で指定してください。
  • <deltaVariableId> には増減させる値が代入された変数のIDを指定してください。
  • 実行に成功すると、引数で指定された値だけグローバルサーバー変数の値が増加します。
  • 実行に失敗すると、プラグインの設定で指定した変数に「エラーメッセージ」が代入されます。

「値を代入」トリガーの実行

プラグインコマンドで次のいずれかのように指定します(どちらでも動作は同じです)。

TriggerCall <triggerId> <valueVariableId>

あるいは

トリガー発動 <triggerId> <valueVariableId>
  • <triggerId>には発動したいトリガーのIDを半角数字で指定してください。
  • <valueVariableId> には代入させる値が代入された変数のIDを指定してください。
  • 実行に成功すると、引数で指定された値だけグローバルサーバー変数の値が変化します。
  • 実行に失敗すると、プラグインの設定で指定した変数に「エラーメッセージ」が代入されます。

「固定値を増減」(名前指定型)トリガーの実行

プラグインコマンドで次のいずれかのように指定します(どちらでも動作は同じです)。

TriggerCallByName <globalServerVariableName}> <triggerName>

あるいは

名前でトリガー発動 <globalServerVariableName}> <triggerName>
  • 実行に成功すると、グローバルサーバー変数設定画面で指定された値だけグローバルサーバー変数の値が増加します。
  • 実行に失敗すると、プラグインの設定で指定した変数に「エラーメッセージ」が代入されます。

トリガー発動

「最大値・最小値の範囲で増減」(名前指定型)トリガーの実行

プラグインコマンドで次のいずれかのように指定します(どちらでも動作は同じです)。

TriggerCallByName <globalServerVariableName> <triggerName> <deltaVariableId>

あるいは

名前でトリガー発動 <globalServerVariableName> <triggerName> <deltaVariableId>
  • <globalServerVariableName>には発動したいトリガーに紐づいた変数の名前を指定してください。
  • <triggerName>には発動したいトリガーの名前を指定してください。
  • <deltaVariableId> には増減させる値が代入された変数のIDを指定してください。
  • 実行に成功すると、引数で指定された値だけグローバルサーバー変数の値が増加します。
  • 実行に失敗すると、プラグインの設定で指定した変数に「エラーメッセージ」が代入されます。

「値を代入」(名前指定型)トリガーの実行

プラグインコマンドで次のいずれかのように指定します(どちらでも動作は同じです)。

TriggerCallByName <globalServerVariableName> <triggerName> <valueVariableId>

あるいは

名前でトリガー発動 <globalServerVariableName> <triggerName> <valueVariableId>
  • <globalServerVariableName>には発動したいトリガーに紐づいた変数の名前を指定してください。
  • <triggerName>には発動したいトリガーの名前を指定してください。
  • <valueVariableId> には代入させる値が代入された変数のIDを指定してください。
  • 実行に成功すると、引数で指定された値だけグローバルサーバー変数の値が変化します。
  • 実行に失敗すると、プラグインの設定で指定した変数に「エラーメッセージ」が代入されます。

関連ドキュメント

ドキュメントリンク備考
機能解説グローバルサーバー変数機能概要や全般的な解説
APIでの利用方法グローバルサーバー変数他ゲームエンジンやより高度な利用を必要とするユーザー向け

最終更新日

  • 2020/02/28