機能解説

プレイヤー間通信の有効化

編集

概要

一部のアツマールAPIは、ゲームをプレイしているユーザーとは別のユーザーの情報を取得することができます。 そのようなAPIは、本ページで説明する 「プレイヤー間通信の有効化」 情報を取得される相手ユーザーが行っている場合のみ、情報の取得が可能です。

知らないうちに他人から情報を参照されたり、シグナルを送られたりしてしまわないよう、このような仕組みとなっています。

プレイヤー間通信の有効化は、ユーザーそれぞれがゲームごとに設定できる値です。あるゲームで通信が有効化されているユーザーでも、別のゲームでは改めて有効化しないとそのゲームではそのユーザーの情報に、他のユーザーがアクセスすることはできません。

呼び出しに有効化が必要なAPI

次の相手ユーザーの情報を利用するAPIは、利用の際に相手ユーザーの「プレイヤー間通信の有効化」がされている必要があります。有効化されていないユーザーに対してこれらのAPIを呼び出した場合、 FORBIDDEN エラーとなります。

有効化されていない場合に結果が変化するAPI

次の相手ユーザーの情報を利用するAPIは、プレイヤーの有効化状態によって結果が変化します。

  • 共有セーブ
    • 引数に有効化されていないユーザーIDを含めた場合、そのユーザーのぶんのデータは取得できません。
  • ユーザー情報取得
    • 有効化されているユーザーのリストが取得できます。

利用方法

方式利用方法備考
プラグインプラグインでの利用方法を参照RPGツクールシリーズユーザー向け
APIAPIでの利用方法の「プレイヤー間通信の有効化」項を参考に、APIを実装してください他ゲームエンジンやより高度な利用を必要とするユーザー向け

最終更新日

  • 2020/02/28